カテゴリ:農機具( 3 )

5月24日(THU) 晴れ トラクター作業が続いています

畑の凍結が終わる4月末からスタートしたトラクター作業が、今も続いています。ホープランド農場の耕作面積は約120ha(甲子園球場30個ぐらい?)。朝から夕方、時には夜まで、トラクターを運転して、畑を耕しています。だから運転手は、睡魔との闘いも大変なんです。
残るは、豆、トウモロコシ、ガボチャの10ha。さあ、ラストスパートです。
a0103738_1194854.jpg

[PR]
by hokkaido-hopeland | 2007-05-31 11:10 | 農機具

5月3日(THU) 晴れ 若いスタッフも奮闘中

 今日は久々の晴れ。
でも、昨日の雨で畑がぬかるんでいるため、トラクターの機械整備に取り組みました。
今年からスタッフに加わった鈴木くんと都築くんは、ロータリーの刃を交換。カメラにも気づかず、真剣な面もちで、作業に汗を流していました。
明日からは、ようやく植え付け作業がスタートします。
みんな、がんばりましょう!
a0103738_23281214.jpg

[PR]
by hokkaido-hopeland | 2007-05-03 23:17 | 農機具

4月20日(FRI) くもりのち晴れ まだまだ現役

北海道ホープランドでは今、急ピッチでトラクターやトラックのメンテナンスをしています。
というのは、もうすぐビートの定置植えやじゃがいもの植え付けが始まろうとしているからです。
その中で今日は、ホープランドの数あるトラクターの中から気になるトラクターを紹介します。
a0103738_2061834.jpg

FORDSON DEXTA(フォードソン デキスタ) 45年も前の年式です。社長の愛車になったのは40年前。エンジンはディーゼル。
当時、それまでガソリンエンジンしかなく、ディーゼルエンジンに替わり始めたところだったようで、時代の先端を行っていたようです。馬力は今考えたら小さいですが当時は中々のものだったとの妹尾社長の弁。
特徴はフロントアクスルにあるようで、小回りが利く優れものです。
左りRerフェンダーにアンテナが・・・。
ラジオを取り付けて音楽が後方から聞こえてくるといったシチュエーションだったようです。
a0103738_20202741.jpg

なんと、今も現役バリバリのこの愛車。もちろん運転するのは社長です。
今年もこのトラクターで畑を駆け廻ります。
[PR]
by hokkaido-hopeland | 2007-04-20 20:21 | 農機具