<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トマト定植中

今日からトマトの植付けが始まりました。
今年は約3000本のトマトを用意。
大玉の定番の桃太郎シリーズや中玉で糖度が高いフルティカなど15種類です。
ホープランドで過去最大の栽培量、忙しくなるのは必至です。
a0103738_21561268.jpg

[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-28 21:57 | 果菜類

タラノキの芽でました。

先日、鉢上げしたタラノキの種根から芽が出ました。
天ぷらにするとおいしい奴です。
なんだかウドの芽にも似ているような。
そういえばウドとタラノキは同じウコギ科の植物でした。
タラノキの定植は、野生のタラノ芽が萌芽する時期がいいとのこと。
北海道では5月中旬ぐらいになりそうです。
でもその前に、農場内で萌芽したタラノ芽を狙った不穏な動きがあるようです。警戒!
a0103738_2054547.jpg

[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-14 20:06 | 野菜

畑で種まきスタート

十勝も春を向かえ、暖かい日が続いています。
今年はいつもより早く畑での種まきが始まりました。
サラダホウレン草の種を播いているのは、今年から農場のスタッフになった谷口さん。
福岡県の出身で北海道教育大学を卒業後、農場にやって来ました。
ずっと倉庫内の仕事だったので、青空の下での作業が楽しかった様子。
これから段々忙しくなるので、谷口さんの頑張りに期待してます。
a0103738_19393212.jpg

[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-14 19:40 | 野菜

チヂミホウレン草って甘いんです!

突然ですがこれ何かわかりますか?
a0103738_2256569.jpg

正解はホウレン草です。
普通のホウレン草より横に広がりながら育ちます。
見た目は大味な感じですが、味は甘みがあって繊細です。
なんと昨年9月に種を播いて、ゆっくりと雪の下で育ちました。
寒さで縮んでいるようなので、チヂミホウレン草と呼ばれています。
今、農場内や直売所で大好評です。
[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-11 23:11

ルーキー

初めまして!
前回の記事にてご紹介に与りました、新スタッフの土田です!
許可を頂いたので、一筆取らせていただきます!
まずは軽く自己紹介をば。
a0103738_2272948.jpg

入社早々にして「彼は天然の不器用だ」と社内で評判になっており
周囲にいつも迷惑をかけてばかりですが
十勝農業を焼け尽くさんばかりの情熱でもって
必死に食らいついていこうと思いますのでよろしくお願いします!!


---気まぐれ解説-----------------------------------------------------

【新スタッフの土田】
土田の入社が秒読みとなった頃、ホープランドでは
「彼はクッキーを焼くのがうまい」という噂が広がったらしいが
当の本人には全く心当たりがない。ミステリアス。

【東京農大(オホーツク)】
東京農業大学オホーツクキャンパスのこと。
名前に「東京」とあるものの、北海道網走市に存在する。

【道の駅スタンプラリー】
厳密に言えば『北海道道の駅スタンプラリー』。
土田は2008年度のそれにおいて完全制覇を達成している。

【彼は天然の不器用だ】
髙階さん談。精進します!

【十勝農業を焼け尽くさんばかりの情熱】
=(農業に対する)とにかくたくさんの情熱。
=(農業に対する)とにかくたくさんの愛(ラヴ)。
[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-11 22:58 | 働く人々

ウドが絶好調!

昨年の師走に伏せ込みしたウドが収穫真っ最中です。
2年畑で育成した株をハウスに移動、株を敷詰めて上から土を被せています。
ウドの白い部分が土の中で光を遮って出来たもの。香りがよく、酢味噌和えなどで食します。
葉っぱの部分は、天ぷらにして食べるとおいしいです。
ただ問題なのは、収穫作業の過酷さ。
固い土を掘っていくので、スタッフの指先は悲鳴を上げています。
来年は、もみ殻やおがくずで光を遮断するつもり。一つ勉強になりました。
a0103738_22481745.jpg

[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-06 22:34 | 野菜

タラノ芽の鉢上げ

十勝平野も4月を向かえ、ようやく暖かくなってきました。
この様子だと4月半ばには、畑に入れそうな感じです。
その前に、農場ではハウスでの苗づくりがスタート。
タマネギ、ブロッコリー、キャベツのほか、トマトやナスの果菜類の苗など忙しくなってきました。
そんな中、今年は珍しいものを鉢上げしました。
a0103738_23194533.jpg

農場の新スタッフ土田くんが手に持つのは、タラノ芽の根っこ(種根)。
これをポットに横に寝かせて植えていきます。
a0103738_23242068.jpg

この日は1000鉢を作ったので、来春には1~2万個のタラの芽が収穫できる予定なんです。
土田くんの顔はなんだか心配そうですが、頑張って世話すればおいしい天ぷらが食べられますよ。
[PR]
by hokkaido-hopeland | 2011-04-01 23:30